イギリスに移住するもご近所付き合いがあまりない。自分の住む地域で何が起こ" />

nextdoor/ご近所SNSの使い方@英国

nextdoor/ご近所SNSの使い方@英国

イギリスに移住するもご近所付き合いがあまりない。自分の住む地域で何が起こっているのか分からない。地域の人とコミュニケーションを取ったり役立ちたい。困っている事が有って近所の人に助けを借りたい。そんな貴方にピッタリのサービス”nextdoor”を紹介します。

nextdoorとは?

  • 地元エリアの人に特化したSNS
  • 「あらゆる地域のコミュニティが、強く安全な関係性を築き上げること」を目指し運営
  • 2011年にサンフランシスコでサービス開始
  • 2016年にイギリスでサービス開始
  • 現在11か国でサービスを展開
  • イギリスでは平均で7家庭の内、1家庭が使用している
  • ウェブサイトはこちら https://nextdoor.co.uk/

nextdoorのメリット・デメリット

このサービスに登録すると自分の住んでいる地域グループのSNSに入り、地元住民とのコミュニケーションを行う事が出来る。nextdoorによれば、要望や情報提供・地域の問題・犯罪や安全に関するポストが多く、求人やイベントに関するものが続く。例えば、猫がいなくなったので見つけたら教えて欲しい、おススメの歯医者は何処?、この地域の進学校に子供を送りたいけどいつから家庭教師をつけたら良い?というお願いや情報提供も有れば、この地域で車が盗まれた、火事があったなどの安全情報、掃除をしてくれる人を探しますなどの求人が毎日誰かからポストされ、それに対してコメントされます。

私の場合は、nextdoorに加入して読む専で地域情報を時々流し読みするという感じで使用していました。が、最近バスルームから水が漏れてきて、nextdoorで直してくれる人を探してみました。前もってネットで探してましたが、ネットで探した業者は電話も出ないしメールの返信もない、返信があっても1週間後の予約だったりとなかなか時間がかかりました。また値段も見に来るだけで£80と言われました。そこでnextdoorにポストしたところ、すぐにDMが。その後にWhatsappで写真を送り、30分後に家に来て£60で修理してくれましたし、他の家の問題も相談に乗ってくれました。

nextdoorの使い方

  • nextdoorのサイトに行き下記の登録をします。
  • まず住所とメアド。そこで地域の範囲が表示されます。
  • 名前と性別、パスワードを設置します。
  • 携帯を登録して認証コードを受信し入力して終了。
  • プロフィール写真などを編集可能。
  • 地域の様々なグループ(趣味、人種、職種など)に加入可能。
  • ポストを読んだり返信可能。
  • 登録している人にDM送信可能。
  • フリマの様に、モノの売買可能。
  • Mapを押すと、どの位の人が加入しているか分かる。(私の地域は30%の家庭が登録していた)

本名と住所を登録する事により、お互いを信頼できる地元のコミュニティを作るという設計になっています。住所はストリートの名前は表示されますが、ハウスナンバーは表示されません。積極的に使用するも良し、たまにチェックして地域の情報を読むも良し。

という事で今回は地域特化SNSのnextdoorを紹介しました。Facebook,Twitter,Instagramでグローバルに繋がると同時に、nextdoorで自分の住んでいる地域の人々と繋がってみては如何でしょうか?