物件探しをする時に必要になるのが家の価格帯を決める事です。家の価格はデポ" />

ロンドン近郊で家を買う ③モーゲージ編 ~住宅ローンの申請方法~

ロンドン近郊で家を買う ③モーゲージ編 ~住宅ローンの申請方法~

物件探しをする時に必要になるのが家の価格帯を決める事です。家の価格はデポジット(保証金)とモーゲージの総額で決まります。デポジットをいくら準備が出来るか決めたら、次にモーゲージで幾ら借りるか・借りられるかをチェックします。

モーゲージは年収の4-5倍

大体、不動産屋さんや友人、ネットのリサーチによると年収の4-5倍を借りれるというのが相場でした。夫婦共働きの場合は二人の合計年収で申請可能です。また年齢、家の購入が初めてか否か、Visaの有無、自営業か否かなどでも借り入れ可能な金額が変わっていきます。”mortgage calculator”などで検索すると簡単にチェック出来るサイトが出てきます。

ただ2020年はコロナ下に有り、相場よりモーゲージの借り入れがしにくい、一時休業・休職をしている場合は更に借りにくいという状況でした。コロナ前は物件の10%はデポジットが必要と言われていましたが、私がモーゲージ申請する時は物件の15%以上デポジットが準備出来ない場合は申請が難しいという銀行も有りました。

Mortgage in principleの申請

もう一歩進んで、Mortgage in principleを発行してもらう事も銀行やMortgageブローカーを通して可能です。この発行にはもう少し詳細を記入する必要が有りますが、それでも10分位で可能です。物件探しをする際にも不動産屋にMortgage in principleが有ると本気度も伝わります。物件のオファーが通った時にも動きやすいので真剣に物件購入を考えている場合は申請しておいた方が良いです。尚、Mortgage in principleはWeb siteだけで完結出来る場合が多く複数の申請も可能です。

私の場合は、メインバンクとして使用しているHSBCとTrussel(https://trussle.com)というネットブローカーサイトに申請しました。HSBCの方が多く借り入れ可能だったので、一旦HSBCをメインに考えながら物件探しを続けました。

モーゲージの申請

その後、気に入った物件からオファーを貰う事が出来ました。その時には、もしオファーを受けたらHSBCで申請すると決めていましたので、Websiteから本格的なモーゲージの申請を行いました。2020年はコロナの状況でなかなか近場のHSBC支店でミーティングする事が難しい状態でしたので、全てWebでの申請となりました。

最初の申請はそこまで難しくなく必要事項を記入し、記入し終わると必要書類をアップロードするだけでした。必要書類は(給料明細3カ月分、パスポート、Visa証明、住所証明の書類)などでした。

全ての書類をアップロードした後、審査が大体2-3週間掛かるという事でした。初めての事ですし、Websiteでの申請でしたので担当者などもいない為、ただ待ってるだけだと不安なのでHSBCのモーゲージ専用電話に連絡して状況を確認などもしてみました。(因みに電話は30分くらい待つ事も普通です。)

約1週間後にもっと良いレートを案内出来ますとWebsiteに連絡が来ておりレートを変更しました。(メールではなくモーゲージ申請のSiteに来るのでWebsiteの確認は毎日しておいた方が良いです。)

2週間後、審査が下りてたのでモーゲージの申請料金の支払い催促のテキストがきました。大体2-3週間と言われれば3週間もしくはそれ以上掛かるのかなと思っていたので意外と早く審査が終わって良かったと思い早速申請料を支払いました。

トラブル発生

支払い後にウェブサイトでモーゲージ申請を更に進めていこうとすると、サイトにそのモーゲージは現在使用出来ませんと表示されました。変だなと思い、モーゲージ専用電話に連絡したところ、こちらで処理をするので問題有りません。明日には申請続行出来るはずですとアドバイスを頂き、翌日にすぐ申請続行を試みました。

しかし、昨日と状態は同じ。また電話すると昨日と同じ事を言われました。その翌日また申請続行を試みても同じ状況。また電話、今回は昨日も一昨日も同じ事を言われたが全然申請が出来ないと伝えると1,2時間後には大丈夫ですと言われました。

2時間後、また申請続行を試みるもダメ。電話すると今度は現在申請しているレートは使用出来ませんと言われて、怒りと呆れで少しの間、茫然としました。しかしイギリス在住10年、こういう事が珍しくないので少し覚悟もしていました。

何故、この申請したレートがダメなのか、ダメなら何故申請した時点で教えてくれないのか、2時間前までは大丈夫と言われていたのは何だったのかと疑問は尽きませんが、そこを問い詰めても前に進めないので、今可能なレートを確認して(それが元々申請していたレートと同じだったので)再申請を行いようやく審査がおりモーゲージの申請が完了しました。

今回のモーゲージ審査はWeb上で行った為に銀行支店に行く必要もなく簡単だった部分も有りますが、やはり担当者がいないので疑問や状況確認をしたい場合も電話でしなければならず電話の相手は毎回違うアドバイザーなので一から状況を説明しなければなりません。それも状況が複雑だと他のアドバイザーを紹介しますと言われたらい回しにされるなども有りましたので、非常に大変でした。大きな決断なので出来れば対面で担当者にアドバイスを貰いながら進めていく方が良い気がします。

次回はソリスター編。