活字に飢えてる!? 電子書籍で読めば、簡単に読めるよという人もいるかも知" />

活字に飢えた在英邦人の皆様へ、愛を込めて。おススメの日本語の中古本取得方法を伝授します。

活字に飢えた在英邦人の皆様へ、愛を込めて。おススメの日本語の中古本取得方法を伝授します。

活字に飢えてる!? 電子書籍で読めば、簡単に読めるよという人もいるかも知れません。その通りです。しかし、やっぱり本は紙で読みたい、そんな人もいるのです。普段、仕事でパソコンやスマホの画面とにらめっこしているので、寝る前は紙の本を読むというのが私の日課です。またビジネス系は電子書籍で読むけど、小説は紙の本で読むというのうが私のポリシーです。なのでやっぱり紙の本が読みたいです。

そんな私が編み出したのが、名付けて「ブクブク(Bookbook)交換」という中古本活用術です。(多分、日本でも何処でも多くの人がやっていると思いますが、、、)

手元に有る読まない本を売ろう。

まず自分の棚に有る日本語の中古本を下記サイトで売ります。

小説でも、漫画でも、雑誌でも、中古本なのでそれに見合う値段で売ります。大体、一冊£0.5~3くらいで売っています。(まとめ売りの場合も有り)

魅力的な本やオファーをすれば、連絡が来ます。

売ると同時に買い取りオファーを出す

ここからがブクブク交換なのですが、この連絡が来た際に「〇〇の本に関心を持って頂き有難うございます。はい、在庫有ります。」に続いて、「もし宜しければ〇〇さんも何か売りたい本をお持ちですか? もし有れば教えて下さい。買い取ります。」と聞きます。大体、中古本を買っている人は本が好きで家にも沢山本が有る傾向が有ります。また自分の本に関心が有る場合、本の守備範囲が近い場合も多いです。

なので売ると同時に買い取りの提案をし、読みたい本が有れば買い取ります。(古い本は無料でくれる人も多いです。)

例えば、本5冊を£10で売って、本2冊を£4で買うと相手は差し引き£6を払えば良くなります。こちらはその代わり関心の有る本を2冊得る事が出来ます。

といった感じでディールしていくと、殆ど自分の元にある本を売るもしくは交換する事でお金を掛けずに中古本が回っていき、活字に飢える事がなくなります。(本の著者にしっかり印税を払いたいという人は新品を買いましょう。)

ただこの方法は、自分で本をピックアップするか相手がコレクションしてくれる場合を想定しており、イギリス在住でも地方にいる場合は郵送になってしまう事が多いのでロンドン在住でピックアップもしくはコレクションがしやすい場所にいる人がメインの方法になります。地方在住の場合は、郵送代が含まれるのでロンドンの様にお金を掛けずに交換という訳にはいかなくなりますし、相手に送って貰うのは大変だと思います。なので地方在住の場合は、普通に上記のサイトで売買をするというやり方になります。

日本人補習校の中古本セール!!!

あと忘れてはいけないのが、日本人補習校の中古本セール!年に2-3回やっていて、かなり沢山の本が安く売られています。久しぶりに沢山の日本の本を触って見て選んで買える体験は貴重です。日本人補習校に子供が通学していなくても参加可能ですが、情報はそこまで共有されていないので補習校に通っている人と知り合いになる必要が有ります。そして、ここで買った本は勿論またブクブク交換へ。 

最近はSohoに有った中古本屋さんもお店を閉じてしまい寂しい限りですが、その分ネットを通した中古本の売買は増加していると思いますし、それを助けるサービスなども増えています。

僕はこの方法でかなりの中古本をお金を掛けずに読んでいます。中古本を買っても、それを同じ値段で売ればお金は掛かりません。交換してもお金は掛かりません。フリーです! 

そして、やっぱり中古じゃなくて新品を読みたい、上記の方法では読みたい本が見つからない、そういう時は普通に日本から取り寄せましょう。ちょっと割高ですが、やっぱり読みたい本が有る時は仕方がないですから。最新のベストセラー本は、少し高目に売れますし。なのでイギリスからAmazonなどで日本で1000円の本を2000円で購入してもこちらで£5位で売れれば、そこまで日本で購入する値段と変わりないですし。最近、ポンド高ですし。

という事でおススメ中古本の取得法でした。是非、リーズナブルに中古本を読みたい方はお試し下さい。