はじめまして、UKチェックです。UKチェックはイギリスで起きてる「個人的" />

UKチェック!!! 欧州スーパーリーグ(ESL)創設、イギリスからは6クラブが参加!?

UKチェック!!! 欧州スーパーリーグ(ESL)創設、イギリスからは6クラブが参加!?

はじめまして、UKチェックです。UKチェックはイギリスで起きてる「個人的に」気になるニュースを要チェックする記事です。記念すべき第一番目のUKチェックは今日の朝、ジョンソン首相のツイート見て「え!?マジで」と驚いた「欧州スーパーリーグ」創設をチェックするよ!

まずは、ボリスのこの連続ツイート。

いきなりのディス! ボリス首相「スーパーリーグ創設はフットボールにダメージを与えるから駄目!!! ワシはフットボール協会をサポートするぞ! スーパーリーグに関わるクラブは先ずファンとコミュニティに説明すべきだぁ!!!」

ジョンソン首相、ご立腹。そしてFIFAもUEFAもプレミアリーグも「スーパーリーグ」に大反対。こんな反対だらけのスーパーリーグに関してちょっと説明するよ。

欧州スーパーリーグとは

10年前からチャンピオンズリーグ(CL)の運営に不満を持っていた有力クラブで構想されていた新しいリーグ。ヨーロッパ各国の有力で人気のクラブが参加するリーグで、下記の12チームが今回参加を発表。

イングランド:マンC,マンU,リヴァプール、アーセナル、トッテナム、チェルシー。(いわゆるBig6)

スペイン:レアル・マドリード、バルセロナ、アトレティコ

イタリア:ミラン、インテル、ユヴェントス

更にチームが追加され最終的には20チームで構成。2グループ10チームに分かれ、その後に8チームでトーナメントを行う。

こちらがオフィシャルサイト。 https://thesuperleague.com/

何で反対!?

では何故こぞって反対されているのか? 先ず様々なメディアや個人で指摘されているのが、「お金に目がくらんだクラブの馬鹿野郎!!!」です。 このスーパーリーグ、賞金規模は100億ユーロでCLの5倍。この金に目が眩んで自国リーグを捨てたとバッシングを受けています。つまり自国リーグで頑張るより賞金が高いスーパーリーグで頑張り、自国リーグではベストメンバーを出さない可能性が出てきます。既にCLでもその様な傾向が有るのにスーパーリーグが出来ればそれに拍車が掛かる。

そうなると困るのが、その自国リーグやCLを運営する各国のフットボール協会およびUEFA。だから猛反対。そして地元のファンも自国リーグが疎かになるのは大反対。

賛成するのは、スーパーリーグに参加して賞金がっぽり貰える有力クラブとビッククラブ同士がCL以上に対戦するのを楽しみにしているファンという事になります。

今後どうなる!?

スーパーリーグ創設メンバーの有力クラブ VS UEFAのゴングが鳴った。現在は圧倒的に世論もコアファンもUEFA支持。UEFAの上にはFIFAがいますので、FIFAは既に「スーパーリーグは認めない。リーグに参加する選手はワールドカップに出場できない可能性が有る」といきなり強めのジャブを繰り出す。

スーパーリーグの初代会長には、レアル・マドリード会長のフロレンティーノ・ペレス。「サッカーは40億人以上のファンがいる唯一の世界的スポーツであり、私たちのような大規模クラブには、そうしたファンの求めに応じる責任がある」とお金に目が眩んだのではなく、世界中のファンの為という綺麗事でブロック。

ここから両者の対決がどうなっていくのか、、、、、、。 

CLが出来た時も反対意見は多かったが、今はCLこそサッカーの最高峰と言われているからなぁ。スーパーリーグも批判を乗り越え世界最高峰のリーグとなるかも、、、、。

と思いつつもリーグが有り過ぎると大変だし、試合が増えると怪我も増えるし自国リーグがつまらなくなるかも知れないし、、、、、。

今後どうなっていくのか。1人のサッカーファンとして今後も目が離せない。が、どうか分裂だけはして欲しくない。