イギリスは食事が不味い、これは日本人からの定番の質問で有ると同時にイギリス" />

心配ないさぁー、イギリスの食事情、フルーツ編。

心配ないさぁー、イギリスの食事情、フルーツ編。

イギリスは食事が不味い、これは日本人からの定番の質問で有ると同時にイギリス人も自虐で言ったりする。

でも最近のイギリス(特にロンドン)は外食のレベルはとても上がっており、しっかり選べば美味しい食事が出来ます。 ただ外食はちょっと高いし、チップの代わりにサービスチャージもされるので、コスパで考えると他のヨーロッパ諸国と比べて割高感は有るかも知れません。

それでもイギリスで美味しい食事を簡単に満喫できる方法が有ります。それは、自宅で食べる!!! 今回は特にお勧めのフルーツを紹介します。

僕がイギリスに来て最初に驚いたのは果物の安さ!勿論、ちょっと日本の果物に比べると甘さが足りなかったりするんですが、それでも美味しいです。

それではお勧めフルーツをランキング形式で発表します。

1位:フラットピーチ(ドーナツピーチ)

味:ちょっと味の薄い白桃。

サイズ:手の平サイズ、4-6個/箱

値段:150円~400円

季節:3月くらいから売り始められますが、美味しくなり安くなるのは6月あたりから9月。

2位:ハニーデューメロン

味:果汁が多くて甘く瑞々しい。熟れてないと甘みが出ないので数日置いて食べた方が良い。

サイズ:1キロくらい、ラグビーボールよりちょい小さ目。

値段:150円~400円

季節:オールシーズン

3位:マンゴー

味:日本で売ってる外国産マンゴーと同じ。時々、ダメージが有ったり熟れるタイミングを計るのが難しい。

サイズ:ダチョウの卵くらい。

値段:150~400円

季節:オールシーズン

その他:

リンゴはPink lady,Galaがおすすめ。ブドウも200円くらいで安いけど、ちょっと味は落ちる。バナナ、ミカン(に似たもの)は普通に有ります。

因みにお勧め出来ないのが、イチゴです。イギリスに来て一度も甘いイチゴに出会った事が有りません。イチゴは酸っぱいくてほのかに甘さがあるという認識で、ヨーグルトにハチミツ入れて食べるとかケーキで生クリームと一緒に食べたりする時に使いましょう。

買う場所:

基本、WaitroseやM&S→TescoやAsda→Aldi,Lidleの方が安く売ってます。品質は値段に比例するという部分も有り、そうでない部分も有ります。例えば、場所によっては野菜や果物はTescoやAsdaの方が回転が速く新鮮という場合もあります。地元の八百屋は、各店によって品質に差異が有るので近所に良い八百屋が有る場合は、八百屋で買うのも有りです。

結論:

日本では、フルーツって少し高くてバナナ、リンゴ、ミカンとかがメインになりがちですが、イギリスでは日本で高く売られているフルーツも結構安く売られており、美味しいフルーツライフを楽しめます。また日本のフルーツに比べると少し甘さが控えめなので、一工夫したり料理で使ってみても良いと思います。

日本滞在時に比べるとフルーツを食べる量が増えて、便秘が改善されたというのもアルアル?です。